高級爪切り「匠の技」で仕事・生活の質を上げる

高級爪切り「匠の技」で仕事・生活の質を上がる

これまで爪切りにこだわったことがない人は、今すぐ爪切りを高級なものに変えましょう。今までの自分とは違う自分に出会えるからです。

私は高級爪切りに変えてから、仕事もプライベートもうまくいくようになりました。

今回おすすめするのは高級爪切り「匠の技」です。これを使ったら、もう安い爪切りには戻れません。

目次

高級爪切り「匠の技」 を購入したキッカケ

高級爪切り「匠の技」は1,000円を超える高級な爪切りです。爪切りで1,000円超えるのはあまり見たことないでしょう。

高級爪切り「匠の技」は、ありえないくらいの切れ味で爪が切れます。高級爪切りを買うことになったキッカケは、実家に帰省したとき。

父親がたまたま1,000円を超える爪切りを持っていました。

最初は「そんなものにお金をかけるなんて…」と馬鹿にしていましたが、使ってみて衝撃をうけました。

だって今まで経験したことのない切れ味だったんですから。それから私は高級爪切りの虜で、もう2年以上愛用しています。

高級爪切りを使うメリット

高級爪切りを使うメリットは、以下5つです。

  1. 切っているときの爽快感
  2. 詰めの形を綺麗に整えられる
  3. 日常生活におけるストレスが減る
  4. 仕事のできる男に近づける
  5. いい男に見える

それぞれ解説します。

①切っているときの爽快感

安い爪切りだと、1回で綺麗に切れないことはありませんか?

私はあります。1回で切れず、変なギザギザがついてしまうことが何度もありました。しかし高級爪切りに変えてから、2回切ることはなくなり、一発で切れるようになりました。

パチパチ切れる爽快感は、安い詰め切りでは味わえません。

②爪の形を綺麗に整えられる

安い爪切りは切れ味が劣るので、高級爪切りほど爪が整いません。細かい部分が切れないためです。

中でも爪の端を綺麗に切れるのは、高級爪切りならではの強みでしょう。

爪切りでよくあるのは「端の切り残し」です。そして切り残しを放っておくと、そこに汚れが溜まり、臭いのもとになることも。

高級爪切りならちょっとだけ切りたいときも綺麗に切れますから、微調整がしやすいのです。

③日常生活におけるストレスが減る

爪切りがあまいときに起きるのが「洋服や布団に爪が引っかかってしまう」こと。外出先で爪が洋服に引っかかってしまうのが分かったときのストレスは高くありませんか?

家に帰って爪を切るまで、ずっと洋服に爪が引っかからないようにしなければいけません。せっかくのお出かけが台無しです。

布団に引っかかるのもそう。せっかく気持ちよく寝ようとしているのに、布団に爪が引っかかることが分かってしまうと寝づらいです。

安眠にはほど遠くなりますね。

④仕事のできる男に近づける

営業職なら爪切りにこだわりましょう。爪に気を遣えない営業は、仕事でも気を遣えないですから。

同じ商品、同じ値段のものを2人の営業から買うとき、なにで判断するでしょうか?

判断材料は「誰から買うか?」でしょう。そんなときは、売ってくれる人を見るのではないでしょうか。

  • 爪が綺麗で清潔感のある営業
  • 爪が伸びてて汚い営業

些細なことですが、せっかくなら少しでも気持ちよく買える人から買いたいもの。

爪のような誰が見てるか分からない部分にも気を遣える人なら、アフターフォローもちゃんとしてくれそうな気がしませんか?

細かいところに気を遣える人は、仕事でも細かいところに気を遣ってくれそうですよね。

⑤いい男に見える

女性にモテたいなら爪が綺麗な男になりましょう。女性は意外に細かい部分を見ているかもしれないからです。

爪が伸びてて汚い男と手を繋ぎたいですか?デートしたいですか?爪以外が清潔だと思えますか?

見える部分を清潔にできない男が、見えない部分を清潔にできているとは思えないでしょう。

手が好きな女性もいるでしょうから、手を綺麗にしておくと女性からモテる可能性が高まりますよ。

高級爪切り「匠の技」を使う際の注意事項

これから高級爪切り「匠の技」を買う人は注意してください。高級爪切りを一度使ってしまうと、もう二度と安い爪切りに戻れなくなります。

また切るのが楽しすぎて、望まない深爪をしてしまうことも…。

まとめ

一度上げてしまったクオリティは戻せませんから、これから先1,000円以上の爪切りを使うことになります。

世の男性、特に営業をしている人は爪切りにこだわってください。仕事もできるようになり、女性にもモテる可能性が高まります。

仕事ができない、女性にモテない男になりたい人はいないでしょう。これからの新しい身だしなみとして、高級爪切り「匠の技」を手に入れましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる