ネット記事を書く「Webライター」になるには|未経験が在宅で稼ぐ

Webページが映っているノートパソコン

ネット記事を書く「Webライター」に興味をもったものの、「自分でもできるかな?」と自信がなく不安になっていませんか?

こたつ

この記事を書いている私こたつは、副業Webライターとして1年以上活動しています。

ネット記事を書く「Webライター」は、未経験でも在宅で稼げます。インターネットの普及により、在宅で稼げる環境が作りやすいからです。

本記事ではネット記事を書いて稼ぐWebライターについて、分かりやすく説明します。Webライターの収入や必要なスキルまで紹介しますので、Webライターを始めたいけど踏み出せない人は最後まで読んでください。

目次

ネットで記事を書く「Webライター」とは

Webライターとは「Web上に掲載される文章を書く人」を指します。

  • 企業に就職して、自社サイトの記事を書く
  • 個人ブログの記事を依頼されて書く
  • 企業から依頼を受けて書く

おもに上記のような場合が多いです。書くジャンルもさまざまで、専門的なものから体験談や取材など幅広い仕事があります。中には「〇〇専門ライター」と得意なジャンルを決めて活動している人も多いです。

「ネット記事を書く」とイメージしづらいかもしれませんが、Web上に掲載される文章を専門的に書く人が「Webライター」です。WebライターについてはWebライターとは|「向いている人・向いていない人」を未経験者向けに解説で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Webライターとは|「向いている人・向いていない人」を未経験者向けに解説 「Webライターに興味をもち、自分もやってみたい」と思いつつ、仕事内容や始め方が分からず悩んでいませんか? この記事を書いている私こたつは、副業Webライターとして...

Webライターの仕事内容は「記事を書くこと全般」

Webライターのおもな仕事は「記事を書くこと」で、書くためにやるべきことが他にもあります。持っている知識だけで書ける内容ならよいですが、もし知識があまりないジャンルだと

  • ネットで調べる
  • 本を読む
  • 実際に試してみる

など「書く以外の仕事」が発生します。案件によっては写真の用意や撮影もWebライターが担当することもあります。「記事を仕上げる」までがWebライターの仕事です。

Webライターの仕事内容についてはWebライターの仕事内容とは|現役ライターが収入やスキルを紹介で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Webライターの仕事内容とは|現役ライターが収入やスキルを紹介 Webライターに興味はあるものの、実際どんな仕事内容なのかよくわかりませんよね。私も実際に始めるまで、よくわかりませんでした。 Webライターの仕事内容は多岐にわた...

Webライターになるメリット

個人的には、Webライターはおすすめです。Webライターを続けることで、得られるメリットが大きいからです。
具体的なメリットは以下のとおりです。

  • 初期投資が少ない
  • 時間と場所を選ばずに働ける
  • スキマ時間に作業できる
  • 知識が深まる
  • ライティングスキル身につく

ライターは「頭脳労働」なので、たくさんの知識が身につきます。事実、私もWebライターを始める前よりもたくさんの知識がつき、会話のネタやレパートリーが増えました。

おかげで新しいことにもチャレンジでき、さらには生活まで豊かになっているので、Webライターを始めれば人生の選択肢が広がりますよ。

ネット記事を書くWebライターになるには|必要な3つのスキル

ネット記事を書いて稼ぐWebライターになるため、何が必要か気になっているでしょう。Webライターとして活動していくには、3つのスキルが必要です。

  1. 物事を分かりやすく説明できる
  2. 相手の意図をくみ取れる
  3. Webライティングができる

それぞれのスキルについて、解説します。

物事を分かりやすく説明できる

Webライターにおいて、物事を分かりやすく説明できるスキルは外せません。文字だけなので、分かりやすく説明できないと読まれないためです。Webライターが書く記事の多くは「読者の悩みを解決するための記事」です。

そのため分かりにくい記事では、読者の悩みを解決できないどころか読まれすらしません。口で説明するのであれば「あれ」「それ」で説明できることを、言語化する必要があります。

いきなり分かりやすく説明するのは難しいですが、練習すればできるようになるので頑張りましょう。

相手の意図をくみ取れる

Webライターとして稼ぎたいなら。読者の意図をくみ取れるスキルが必須です。読者の求めている情報が分からないと、記事を書いても読まれないからです。

もし「Webライターのなり方」を知りたい人に対し、「Webライターという言葉の意味」を説明したらどうでしょうか?

記事を読む相手は「知りたい情報じゃないな」と、読むのをやめるでしょう。Webライターは記事を読む相手のことを考えて書くので、相手の意図をくみ取るスキルを身につける練習をしてください。

Webライティングができる

Webライターとして活動していくなら、Webライティングを学ぶべきです。ただ文章を書けばいいわけではないからです。

Web上に掲載される文章は、雑誌や書籍に載っているような文章とは違う特徴があります。WebにはWebに向いている文章術があり、それを「Webライティング」と呼びます。

Webライティングについては、別記事で詳しく解説しますので、少々お待ちください。

Webライターの始め方を紹介

Webライターは未経験からでも、3ステップで始められます。

  1. Webライターに必要なものを用意する
  2. 本を読んでライティングの基礎を学ぶ
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. プロフィールを作る
  5. 仕事を請けてみる|仕事選びのポイント

「しっかり勉強してから…」と準備を万全にしてから始めようと考える人が多いです。しかし万全な状態になることはないので、まずは動いてみるのが重要です。

Webライターの始め方手順については、Webライターの始め方5ステップ|副業Webライターが手順解説で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Webライターの始め方5ステップ|初心者が遠回りしない手順を紹介 未経験だけどWebライターとして稼いでみたい。しかしどうやって始めたらいいか分からないですよね。 私がWebライターを始めたのは2020年3月。そのときは何から始めたら...

スマホでできる仕事ではないので、パソコンを用意する

パソコンを持っていない人は、必ずパソコンを用意してください。Webライターはスマホのみではできない仕事だからです。中にはスマホのみでできる仕事もありますが、入力するだけの簡単な仕事しかできません。

また書いた記事は、Wordなどの特定形式で納品するよう求められる場合が多いです。スマホはあくまで「Webライターの補助的な役割」と捉えて、パソコンだけは用意しましょう。Webライターにおすすめできるパソコンについては、別記事で紹介しますので少々お待ちください。

最初はWebライターを副業で始めてみる

これからWebライターを始めようか迷っている人は、副業から始めることをおすすめします。いきなり大きく稼ぐのは難しいからです。

会社員としてライターをしているなら問題ないですが、個人で仕事を請けるなら未経験者は不利です。実績のない未経験者に高い報酬を払う人はいませんし、もし払う人がいたら疑ってください。

副業としてなら「生活に必要なお金はちゃんと稼いで、副業として実績を積み上げていく」ことができます。最もリスクの小さい方法なので、うまくいくか不安な人は小さく始めてみましょう。

Webライターは未経験からでも始められる

これまで書く仕事をしたことなくても、Webライターになれます。Webライターに特別な資格は必要ないからです。

日本語さえ書ければWebライターの仕事は請けられます。レベルの高いWebライターになるために必要なスキルはありますが、仕事を請けながら覚えていけば問題ないです。

最初は誰でも未経験です。

「未経験だから…」と諦めず、まずは一歩踏み出してみましょう。

Webライター未経験から在宅で稼げる

Webライターは在宅でも稼げる仕事です。書いた記事の納品さえできればよいので、場所を選ばないからです。

Webライターは、書いた記事数によって報酬が決まります。わざわざ会社に行く必要がないので、家で記事を書けます。

こたつ

私もほぼ在宅でWebライターの仕事をしていて、カフェなどはたまに行く程度です。

まったくの未経験でしたが最初から在宅で稼いでいるので、あなたも問題なくできますよ。

Webライターの仕事はつらい?

Webライターにもつらい部分があります。個人的につらいと感じるのは、以下3つです。

  1. 締切に追われる
  2. 知らないジャンルだと書くのに時間がかかる
  3. 最初はどれだけ書いても稼げない

Webライターという職種は浸透していますが、仕事だと認識していない人が多いのも事実です。「楽に稼げる」仕事ではないので、つらい部分があることは覚悟してください。

Webライターの収入は副業だと「月1~3万円」

副業でWebライターを始めようとしたとき、気になるのは「どれくらい稼げるか?」ですよね。フルタイム会社員が副業でWebライターを始めたら、収入は月1~3万円くらいが相場です。記事を書く時間があまり取れないためです。

文字単価1円3000文字を1記事書いて3000円の報酬だとすると、月10記事書いたら3万円の収入になります。

しかし本業がありながら月に10記事書くのは、結構しんどいです。慣れてくれば3000文字を2~3時間で書けるようになりますが、最初はもっと時間がかかるでしょう。そのためWebライター始めたての頃は、月1万円稼げれば良いほうだと割り切ったほうが続けやすいです。

こたつ

むしろ早いうちに月1万円稼げるのはすごいです!

ネット記事を書くライターも収入アップできる

ある程度Webライターの仕事に慣れてきたら、収入アップを目指しましょう。Webライターを始めたときよりも、スキルが上がっているからです。

たとえば「Webライター始めて1ヶ月目のあなた」「Webライター始めて半年のあなた」ではどちらのスキルが高いでしょうか?

間違いなく後者ですよね。最初は文字単価0.5円3000文字を書いて1500円の報酬だとして、文字単価1円3000文字を書けば3000円の報酬になります。やってることは同じなのに、単価が上がると報酬は2倍です。徐々にスキルを身につければ、収入アップできますよ。

コラム募集の仕事は在宅でもできるけど、おすすめしない

初心者向けの依頼として、体験談などを書くコラム記事があります。書きやすく思えるでしょうが、コラムの仕事は請けないようにしてください。体験談を書き続けるのは難しく、早々にネタ切れし消耗してしまうためです。

そもそもあなたの体験はあなただけのものです。

その貴重な体験を、安い金額で売ってしまうのはもったいない。

こたつ

どうせ体験談を書くなら、ブログを立ち上げて書きましょう。

あなただけのオリジナル文章になり、差別化できる記事になりますよ。

Webライター未経験でもバイトよりはおすすめ

Webライターとバイトどちらがおすすめかを聞かれたら、間違いなくWebライターだと答えます。スキルが積み上がるので、収入を上げやすいからです。

バイトは時給制なので、働いた時間で収入が決まります。その点Webライターは成果報酬制なので、スキルアップすれば1案件あたりの報酬が高くなり、収入も上がります。

また家庭の事情で引っ越しがあったとしたら、新しいバイト先を探さなければいけません。もちろん新しいバイトでは1からやり直しなので、時給が下がる可能性もあります。

Webライターは場所を選ばないので、場所が変わっても仕事を変えなくて済みますし、1からやり直すこともありません。

最初は収入が低くても、長い目で見るとバイトより圧倒的に稼げます。Webライターとバイトで迷ったら、Webライターを選んでください。

ネットで記事を書くWebライターまとめ

ネット記事を書く「Webライター」になるのに、難しい準備はいりません。パソコンを用意して文章の基礎を学べる本を読めば、今日から在宅で始められます。長期的に見ると、成果報酬のWebライターのほうがバイトよりも稼げます。

最初は誰もが初心者です。まずは副業から始めて、未経験からでも収入アップできるWebライターに挑戦してみませんか?

この記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる