クラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまで

クラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまで

「クラウドソーシングを利用するといいらしいけど、どんなサービス?」「Webライターにおすすめのクラウドソーシングって?」「そもそもクラウドソーシングのライターで稼ぐにはどうしたら…」と気になっていませんか?

クラウドソーシングはWebライターにとって便利かつ利用しておきたいサービスです。案件が豊富で初心者にやさしく、コツを掴めば稼げるようになるためです。

こたつ

私もクラウドソーシングを利用して副業Webライターとして活動していますが、クラウドソーシングのみで月3万円以上を安定して稼いでいます。

本記事ではクラウドソーシングとはなにかから、Webライティングにおすすめのクラウドソーシング、さらには稼ぐコツまで紹介します。

活用法さえ知っていればクラウドソーシングで稼げますから、在宅で稼ぎたい人は最後まで読んでください。

目次

クラウドソーシングとは|クラウドソーシングライターの第一歩

歩いている女性の足元

クラウドソーシングとは「インターネット上で不特定多数に仕事を依頼できる仕組み」のことです。

Crowd(群衆)と Sourcing(業務委託)を組み合わせた造語

要するにインターネット上のお仕事仲介だと思ってください。依頼できる仕事はさまざまで以下のような多彩な仕事が登録されています。

  • ライティング
  • デザイン
  • プログラミング
  • 営業
  • 資料作成
  • テレアポ

契約形態も豊富で以下のように、さまざまな契約方法があります。

  • 1件あたりの契約
  • 件数をまとめて依頼
  • 時間契約(時給制)

家にいながらでもインターネット上で仕事の発注・受注できるのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングはWebライター初心者に最適

多くのWebライターが、最初はクラウドソーシングサイトで仕事を探します。自ら営業せずともクラウドソーシングには仕事の依頼がたくさんあるためです。

未経験者OKの依頼も多く、Webライター実績の無い人にとってはありがたい環境です。しかしメリット・デメリットもあるので覚えておきましょう。

メリット未経験OKの案件もあるお金のやり取りはクラウドソーシングが仲介トラブルがあっても間に入ってくれる案件が豊富なので仕事に困らない
デメリットシステム利用料がかかる手数料が高めひとつの案件に人が集まってしまう単価が低くなってしまいがち

クラウドソーシング利用のハードルが低いので、初心者が集まりやすいのです。そのためメリットも大きいですが、デメリットもあると知っておいてください。

Webライターをこれから始めようと考えている人はWebライターの始め方5ステップ|初心者が遠回りしない手順を紹介を参考にしてください。

あわせて読みたい
Webライターの始め方5ステップ|初心者が遠回りしない手順を紹介 未経験だけどWebライターとして稼いでみたい。しかしどうやって始めたらいいか分からないですよね。 私がWebライターを始めたのは2020年3月。そのときは何から始めたら...

クラウドソーシングを利用した副業が活発

2020年の自粛期間中にクラウドソーシングサイトに登録する人が増えました。国が副業を推進し、かつ自粛期間が後押しとなったため、クラウドソーシングを利用した副業が活発になったようです。

個人でも気軽に始められると体感した人が増え、クラウドソーシングはさらに活発になると予想しています。

Webライティングにおすすめクラウドソーシングサービス

ノートパソコンを開いている男性

クラウドソーシングサイトは豊富で、それぞれに特徴があります。本記事ではWebライティングの仕事がしたい人向けに、おすすめクラウドソーシングを紹介します。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. サグーワークス
  4. カカセルエディタ
  5. ココナラ

上記は私が実際に利用しているクラウドソーシングサービスです。それぞれの良さやイマイチな部分まで紹介します。

ランサーズ|Webライター初心者にもおすすめ

ランサーズは国内最大級のクラウドソーシングサービスです。クラウドソーシングを利用してWebライターをやろうと思ったら、真っ先に登録しましょう。

ランサーズの特徴は以下のとおりです。

  • 好条件の案件が多い
  • 仮払制度もあるので安心
  • 一定の条件を満たせば「認定ランサー」になれる
  • より好条件な案件が受注しやすい

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーのことです。

※引用:ランサーズ「認定ランサーとはなんですか?(発注者向け)」

毎日ランサーズを覗いていますが、新しい案件が随時登録されています。書けそうな案件がなくて困ったという経験をせずに済みますから、まずは登録しましょう。

クラウドワークス|ライティング案件が豊富で副業にも向いている

国内最大・最大手のクラウドソーシングサービスです。必ず登録すべきサイトなので、クラウドソーシングを利用すると決めたら、ランサーズと同時に登録してください。

クラウドワークスの特徴は以下のとおりです。

  • クラウドワークスには会員限定の福利厚生がある
  • 仮払い制度が ある
  • 一定の条件を満たせばプロクラウドワーカーとして認定
  • より好条件で依頼が受注できる

プロクラウドワーカーとは、全クラウドワーカーの中から定められた基準を満たした人だけを選抜した、仕事能力の高いプロフェッショナル集団です。

※引用:クラウドワークス「【共通】プロクラウドワーカーとは」

クラウドワークスに登録されている案件は豊富で、特に法人案件が多い印象です。個人からの依頼が悪いわけではありませんが、法人案件のほうが単価が上がりやすいのです。

そのためクラウドワークスは必ず利用してください。

サグーワークス|Webライター初心者にやさしい

Webライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。ランサーズやクラウドワークスは仕事を「依頼したい人」と「受注したい人」をつなげてくれるだけですが、サグーワークスは依頼者と受注者の間に入ってくれます。

サグーワークスの特徴は以下のとおりです。

  • Webライターに特化したサービス
  • 依頼者と直接やり取りすることはない
  • 交渉などはサグーワークスがしてくれる
  • 報酬は1ポイント1円の計算
  • 未経験でも取り組める案件がある
  • 認定テストに合格すれば、高単価案件を紹介してくれる

サグーワークスでは依頼者と直接やり取りする必要はありません。ですから交渉ややり取りが苦手な人には嬉しいクラウドソーシングサービスです。

カカセルエディタ|ライティング副業で稼ぎたい人向け

あまり知られていないかもしれませんが、Webライターとして実績がついてきたら登録すべきクラウドソーシングサービスです。紹介される案件の単価が基本高い傾向にあります。

カカセルエディタの特徴は以下のとおりです。

  • 文字単価2円以上の案件が多い
  • 他のクラウドソーシングよりも好条件
  • ランサーズやクラウドワークスに比べると案件数が少なめ

高単価案件が多い分、依頼数は少ない傾向です。ですから登録だけしておいて、案件次第で受注する使い方が良いでしょう。定期的に紹介される案件には目を通してみてください。

ココナラ|ライティングスキルを販売

ココナラは「個人のスキルを売り買いできるサービス」です。Webライターの場合、記事作成できるサービスを売り出します。

他のクラウドソーシングサービスとは違い、自ら案件を探すことはありません。「なにができるか」を表明して、サービス購入してもらうのを待つスタイルです。

ココナラの特徴は以下のとおりです。

  • 自ら案件に応募しなくていい
  • 自分の好きなサービスを提供できる
  • 自分で価格を決められる
  • 売り出すサービスを登録したら待つだけ

私はココナラをメインに活動しています。Webライターは文字単価で報酬が決まりやすいのですが、自分で価格設定ができる点に惹かれました。

納得して依頼を請けられますから、ある程度スキルが身についたら「自分サービス」として登録しておくと良いでしょう。Webライターはあまり登録していませんから、今のうちに登録しておくと有利になります。

クラウドソーシングを利用して稼ぐコツ

男性がお金を前に出している

クラウドソーシング利用を決めたら、継続して案件を受注しましょう。継続して受注しないと実績が積み上がらず、いつまで経っても稼げるようにならないからです。

クラウドソーシングで稼ぐにはコツがあり、以下3つを意識してください。

  1. プロフィールを充実させる
  2. 最初は実績重視
  3. 単価だけで案件を受注しない

初心者が見落としがちなポイントもあります。今のうちに稼ぐコツを知っておくと早い段階で稼げますから、ぜひ参考にしてください。

Webライターとして稼ぐためのスキルやコツについては、Webライターの収入・平均年収|稼ぐためのコツ・スキルを紹介でも詳しく紹介していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
Webライターの収入・平均年収|稼ぐためのコツ・スキルを紹介 Webライターに興味あるけど、どれくらい稼げるのか気になっていませんか? Webライターを始めても稼げないなら意味ないし、どうせなら生活費を稼げるようになりたいです...

プロフィールを充実させる

クラウドソーシングに登録したらプロフィールを充実させてください。依頼する人がどんな人か分からないと、不安で依頼しづらいからです。

どんな人が仕事を請けてくれるか分かると安心します。またプロフィールにできることを書いておくと、依頼を請けやすくなります。ランサーズの場合

  • スキル
  • 資格
  • 経歴

上記を入力する項目もあります。どこを見られるか分からないので、埋められるところはすべて埋めておいたほうが良いのです。

ちなみに私のランサーズプロフィールを掲載しますので、良ければ参考にしてください。

前職OA機器/IT機器業界、現職精密機器製造メーカー業界出身のライターとして活動している「こたつ」と申します。

前職や現職の経験を生かし、IT・Web関連や転職といったジャンルをメインにライターとして活動しております。徹底したリサーチと根拠あるライティングを意識して仕事に励んでおり、その結果「上質な記事を書いてくれる」とご評価いただきました。

営業を経験して培った「一歩先を見据えた仕事をする」をモットーに、上質な記事を提供したいと考えています。

<こんなお仕事をお待ちしております>
自身の仕事に関する経験や資格、趣味を生かし、転職・ビジネス・IT・Web・投資信託・防災・ゲームについて知見があります。
そのため次のようなSEO記事の製作をお任せください。

□転職(営業・エンジニア) / インターネットセキュリティ(MTA保有) / PC・Web関連
□投資信託 / 副業 / 防災(ブログ運営中) / eスポーツ

上記以外のジャンルも徹底したリサーチしますので、気軽のご相談ください。

<実績>
①転職ジャンル記事            1位、他上位多数獲得
②エンジニア・プログラミングスクール記事 1位獲得
③インターネットセキュリティ記事     3位獲得

・検索ニーズの徹底リサーチ
・検索ニーズに則った記事構成
・SEO施策を施し、ユーザーにも読みやすい記事執筆
・検索ユーザーの潜在ニーズまでを組み込んだ記事構成

上記が得意でキーワードさえいただければ、競合調査から記事構成・執筆まで承れます。

<費用感>
新規記事の制作:1文字2円(税・手数料別)~

<経歴>
・2013年〜現在まで営業職として従事
・2019年10月より自身でブログ運営(現在3サイト)
・2020年3月よりライターとして活動開始

<稼働時間>
平日は1〜2時間、休日は6時間
上記の範囲でご依頼をお受けしております。
※会社員をしておりますので、平日昼間は連絡が取りづらい場合がございます。

最初は実績重視

クラウドソーシングに登録したばかりのときは、実績重視で動きましょう。実績がないままだと、好条件な案件が受注しづらいからです。

よほど高い専門性があれば問題ありませんが、実績がないままだと稼ぐのは難しいでしょう。

  • 受注実績が20件あるWebライター
  • 受注実績が0件のWebライター

上記2名のライターがいた場合、どちらに依頼したいですか?ほとんどの人が前者の「受注実績が20件あるWebライター」を選ぶはずです。

いきなり好条件な案件が受注できないので、報酬が安くても実績重視で請けてみましょう。ただし、安い報酬の案件だけでは稼げないので、慣れたら低単価案件は早めに辞めてください。

単価だけで案件を受注しない

初心者にやりがちなのが、単価だけを見て案件選びすることです。単価だけで判断してはいけません。

一見好条件に思える案件も、実は低単価なこともあるからです。たとえば以下ならどっちが好条件でしょうか?

  • 500円で500文字
  • 5000円で10000文字

実は「500円で500文字」です。

前者は文字単価1円ですが、後者は文字単価0.5円です。報酬だけ見ると5000円のほうが魅力的かもしれませんが、初心者が10000文字書くのはしんどいでしょう。

おそらく数日はかかるはずです。しかし500文字なら初心者でも1~2時間で書けるでしょうから、すぐ他の案件に進めます。見た目の報酬に惑わされず、しっかし内容を確認しましょう。

クラウドソーシングの始め方|副業ライター未経験から始める

小さい男の子が歩いている

クラウドソーシングを始めるのは簡単です。4ステップで始められますから、以下を参考に始めてみましょう。

  1. 会員登録
  2. プロフィールを入力
  3. 案件に応募
  4. 受注したら納品

会員登録

まずは会員登録しましょう。登録名は匿名でも大丈夫です。登録に必要な個人情報を入力しないとお金を引き出せなかったりしますから、正確に入力してください。

また会員登録したら「本人確認」もしておきましょう。ランサーズやクラウドワークスでは「本人確認」があります。

これはアカウントの信頼性向上にもなりますし、稼いだお金の引き出しにも必要です。承認されるまで数日かかりますから、早めにやっておくと後が楽になりますよ。

プロフィールを入力

プロフィールを入力しなくても仕事は探せますが、最初に入力しておくと受注しやすくなります。依頼する人がどんな人か分からないと不安になりますから。

プロフィールに書く内容は、以下のとおりです。

  • 簡単な自己紹介
  • できること(スキル)
  • 得意なジャンル
  • 実績(書いたことのあるジャンルなど)
  • 資格
  • 経歴
  • 稼働時間
  • 連絡可能時間帯

書くべき項目が多いので大変かもしれませんが、最初に入力しておけば楽になりますから頑張って入力しましょう。

案件に応募

プロフィール入力ができたら、早速案件に応募しましょう。稼ぐためには、以下ポイントを参考に案件探ししてください。

  • プロジェクト案件
  • 文字単価1円以上
  • 文字数2000~3000文字程度

間違ってもいきなり5000文字の案件は請けないでください。書き慣れていない人が5000文字も書くのは難しいですから。最初は少なめの文字数案件を請けながら、慣れてきたら幅広い案件に応募してみると良いのでしょう。

また稼ぐためには基本「プロジェクト案件」ですが、最初は仕事の流れを覚えるために割り切って「タスク案件」を請けてみるのも手です。

受注したら納品

受注したら当然納品しましょう。Webライターの納品形態はさまざまで、おもに以下納品形態があります。

  • Word
  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • WordPress入稿

基本はデータだけ提出すれば終わりですが、中にはWordPressというサイト作成ツールを使って、直接サイトに入稿することもあります。

WordPress操作ができると単価が上がりやすいので、覚えておくと良い必須スキルです。

まとめ|クラウドソーシングでWebライターデビュー

机にノートパソコンとコーヒー

今回はクラウドソーシングとはなにかから、Webライティングにおすすめのクラウドソーシング、さらには稼ぐコツまでを説明しました。

クラウドソーシングは初心者Webライターには最適なサービスです。自ら営業しなくとも仕事を探せますし、未経験でも請けられる案件が多いので実績獲得につながります。

しかしクラウドソーシングサービスは豊富です。どれを選べばいいのか分かりづらいですから、まずは本記事で紹介しているクラウドソーシングに登録しておけば問題ありません。

登録しないといつまで経っても始められませんから、まずは登録するところから始めましょう。

あわせて読みたい
ネット記事を書く「Webライター」になるには|未経験が在宅で稼ぐ ネット記事を書く「Webライター」に興味をもったものの、「自分でもできるかな?」と自信がなく不安になっていませんか? この記事を書いている私こたつは、副業Webライ...
この記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる