Webライター初心者が月1万円を稼ぐまで|安定して稼ぐコツも紹介

Webライター初心者が月1万円を稼ぐまで|安定して稼ぐコツも紹介

「Webライターを初めてみたいけど、どうやって始めたらいいのか分からない」「未経験から始めて、どれだけやっていくら稼げるの?」と悩んでいませんか?

Webライター初心者は、まず月1万円稼ぐことを目標にしてみましょう。初心者が1万円稼ぐのは難しいですが、稼げれば自信になり、3万円以上稼ぐのも現実的になるからです。

こたつ

私も1万円稼げた翌月から3万円以上稼げるようになりました。
毎月ではないですが、それでも月2~5万円を副業で稼げています。

本記事ではWebライター初心者が月1万円稼ぐまでの方法と、収入を上げるコツまでを紹介します。

私がWebライター初心者の頃にやっていた勉強法も紹介しますので、月1万円以上を安定して稼げるようになりたい人は参考にしてください。

目次

Webライター未経験から月1万円を稼ぐまでの流れ|体験談あり

Webライター未経験から月1万円を稼ぐまでの流れ|体験談あり

Webライター初心者でも、まずは仕事を請けてみましょう。いきなり仕事を始めるのが、月1万円稼ぐための最短ルートだからです。

Webライターは労働収入なので、仕事を請けないと稼げません。確かに勉強は大切ですが、いくら勉強しても実践しなければ稼げるようにはならないのです。

しかしどうしても不安なら勉強から始めるのも良いでしょう。私もWebライターを始める前は不安だったので、勉強してからWebライターになりました。

実際に私がWebライターで月1万円稼げるようになった流れは、以下のとおりです。

  • ライティング本を読む
  • クラウドソーシングで仕事を請ける
  • 月5記事書く

それぞれどんなことをしていたのか紹介します。

Webライター初心者はライティング本を読む

いきなり仕事を始めるのが不安な人は、ライティング本を読んでみましょう。効率よく網羅的に学べるので、知識を身につけやすいからです。

ライティングに関する本はたくさんありますが、Webライター初心者のうちは以下3冊を読めば良いでしょう。

  1. 副業・在宅OK、未経験からはじめられる 「文章起業」で月100万円稼ぐ!(藤原将)
  2. 20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀 史健 )
  3. 出口汪の「最強! 」の書く技術(出口汪)

これまで文章を意識して書いた経験のない人は「20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀 史健 )」を最初に読むべきです。

「話せるけど書けない」という悩みについて書かれており、ライティング初心者に読んでほしい1冊。

Webライターとして稼ぐイメージをもちたい人は「副業・在宅OK、未経験からはじめられる 「文章起業」で月100万円稼ぐ!(藤原将)」がおすすめです。

  • 専業Webライター
  • 副業Webライター

どちらの場合でも稼ぐための方法が書かれています。まずは副業から始めて、将来的に独立を考えている人には最適な1冊です。

あわせて読みたい
【必読】Webライターが読むべきおすすめ本|状況別に書籍を紹介 「Webライターの仕事を始めたいけど、どうやって書けばいいのか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。書き方も分からないし、なにから学べばいいかも分からないの...

クラウドソーシングライターとして仕事を請けてみる

まったくの初心者ならクラウドソーシングから始めるのが良いでしょう。仕事の依頼が豊富で、Webライター初心者でも請けやすい仕事が多いためです。

ただし「Webライター初心者でも請けやすい」ということは、あなた以外のWebライター初心者も始めやすいということ。競争が激しいので、簡単に仕事が始められるとは限らないのです。

そんなクラウドソーシングサービスは多数ありますので、以下のクラウドソーシングに登録してみましょう。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. サグーワークス
  4. カカセルエディタ
  5. ココナラ

特にランサーズとクラウドワークスはクラウドソーシング最大手なので、登録だけはしておきましょう。慣れてきてから他サービスに登録する形でも問題ありません。

Webライターにおすすめなクラウドソーシングについては、クラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまでで紹介していますので、そちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
クラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまで 「クラウドソーシングを利用するといいらしいけど、どんなサービス?」「Webライターにおすすめのクラウドソーシングって?」「そもそもクラウドソーシングのライターで...

Webライターの副業収入でも「5記事」で月1万円が可能

月1万円稼ぐために5記事分の依頼を請けましょう。実際に私が1万円稼いだのは、月5記事の依頼を請けられたからでした。

もちろん「なんでもいいから5記事請ける」わけではなく、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1文字1円
  • 3000文字

3,000文字×5記事で15,000円の報酬です。

クラウドソーシングの利用には手数料がかかり、おおよそ報酬金額の20%です。ですから15,000円稼ぐと手取りで12,000円になります。

この条件を満たせれば、月1万円をWebライターとして稼げます。

Webライター初心者の仕事の取り方

Webライターで月1万円稼ぐ流れがイメージできたと思います。しかしここで悩むのが「どうやって仕事を取るのか?」ということ。

Webライター初心者は、以下3つを意識しましょう。

  1. プロフィールを充実させる
  2. 単価だけで判断しない
  3. たくさんの案件に応募する

Webライター初心者は実績がありませんし、仕事にも慣れていません。そのためまずは経験と実績を積むのが重要です。

クラウドソーシングを利用して稼ぐコツについてクラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまでで紹介しますので、そちらを参考にしてください。

あわせて読みたい
クラウドソーシングライターの第一歩|おすすめサービスから稼ぐコツまで 「クラウドソーシングを利用するといいらしいけど、どんなサービス?」「Webライターにおすすめのクラウドソーシングって?」「そもそもクラウドソーシングのライターで...

Webライター初心者が収入を上げるコツ|安定して稼ぐために

Webライター初心者が収入を上げるコツ|安定して稼ぐために

月1万円稼げると「もっと稼ぎたい」と考えるもの。Webライター初心者が収入を上げるコツは以下3つです。

  1. 丁寧に対応する
  2. 知識を身につける
  3. 実践を重ねてスキルアップする

丁寧に対応する

専業でも副業でも丁寧な対応を心がけましょう。Weライターは立派なビジネスだからです。

ビジネスにおいて、雑に対応してくる人と仕事したいでしょうか?しかも始めたばかりのWebライター初心者が雑に対応していたら、二度と仕事したくないですよね。

  • 連絡は早めにする
  • 納期は守る
  • 言葉遣いに気をつける

当たり前と言われれば当たり前なのですが、上記が出来ていない人が多いのも事実です。まずは信頼してもらえるよう「当たり前」と言われそうなことをしっかりと行いましょう。

知識を身につける

常に知識を取り入れるよう意識しましょう。Webライターは立派な専門職だからです。稼ぐためには、より深い知識とスキルが必要です。

  • 文章術を身につけるために勉強
  • 請けたいジャンルの勉強
  • Web周りの勉強

すぐに思いつくだけでも、やれることはたくさんあります。Webライターは知識量が収入にも影響します。勉強し続ける意識をもつと、稼ぎやすくなりますよ。

実践を重ねてスキルアップする

知識を身につけないといけませんが、勉強だけではいけません。実践しないとスキルとして身につかないからです。

どれだけ勉強しても、毎日手を動かしている人のほうが成長は早いのです。実践してみないと体も頭も覚えません。

確かに実践して失敗するのは怖いかもしれませんが、失敗しても誰も責めません。ですから怖がらずにどんどん実践しましょう。

Webライティング初心者の頃にやっていた勉強法

Webライティング初心者の頃にやっていた勉強法

ここからは私はWebライティングを始めたばかりの頃にやっていた、以下の勉強法を紹介します。

  1. Webライターのブログを読む
  2. 文章に関する本で勉強する
  3. 自分でブログやnoteを書いてみる

Webライターのブログを読む

Webライティングの勉強で本を勧めていますが、Webライターが運営しているブログも読んでみましょう。運営しているWebライターのリアルな体験が書いてあったりするので、学びになるからです。

Webライターの働き方は多様で、以下のような人たちがいます。

  • 専業
  • 副業(私はこれです)
  • 主婦
  • 学生
  • ノマド

それぞれの働き方や文章・取り組み方など、参考になるものが多いのです。自分のスタイルに合ったWebライターが見つかれば、大きな学びになります。

文章に関する本で勉強する

定番ですが、本で勉強するのがおすすめです。私は文章に関する本をたくさん読みました。というのも私は文章が下手だからWebライターになったためです。

ですから文章本を読んで、ライティングを上達させようとしました。読んで参考になった本は以下の3冊です。

  1. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(唐木 元)
  2. 伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則(山口 拓朗)
  3. 頭のいい人は「短く」伝える(樋口裕一)

文章構成の作り方や伝え方について徹底的に学び、少しは文章が上手になったと感じています。

中でも「頭のいい人は「短く」伝える(樋口裕一)」Webライターだけではなく、日常生活でも使えるテクニックが書かれています。

伝え方に困っている人には、ぜひ読んでほしい1冊です。

自分でブログやnoteを書いてみる

Webライターは依頼を請けて記事を書く仕事ですが、ブログやnoteを書いてみましょう。アウトプットできる場があると成長が早いからです。

Webライターは書いてなんぼの仕事ですが、依頼がなければ書けません。ですから依頼のない間もブログやnoteで書いておけばスキルアップにつながります。

またブログやnoteで書いていれば、ポートフォリオとして利用できるので営業ツールにできます。

「何を書くの?」と迷ったら、請けたい仕事のジャンルについて書けばOKです。特に書きたいジャンルがないのなら、得意なこと・知っていることを書いてみても良いでしょう。

Webライター初心者のうちはそこまで仕事も多くないので、今のうちにブログやnoteを書く練習だと思って始めてみましょう。

Webライターの始め方|副業未経験でもOK

Webライターの始め方|副業未経験でもOK

Webライターの始め方は、以下5ステップです。

STEP
  • Webライターに必要なものを用意する
  • パソコンとインターネット環境、ライター用メールアドレス、連絡ツール(Chatwork、Slackなど)、Twitterアカウントを用意する

    STEP
  • 本を読んでライティング基礎を学ぶ
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義、新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング、頭のいい人は「短く」伝える、沈黙のWebライティング
  • STEP
  • クラウドソーシングに登録する
  • 仕事を探す窓口としてクラウドソーシングサイトに登録。具体的にはランサーズ、クラウドワークス、shinobiライティングに登録しておけばOK
  • STEP
  • プロフィールを作る
  • 登録したクラウドソーシングサイトやTwitterアカウントのプロフィールを整えましょう。あなたがどんな人か分かりますので、仕事の受注率に影響します。
  • STEP
  • 仕事を請けてみる|仕事選びのポイント
  • 準備が整ったら早速仕事を請けてみましょう。仕事を始めないといつまで経ってもWebライターは始まりません。まずは「タスク案件」から始めて、慣れるところから始めましょう。
  • Webライター未経験者の始め方については、Webライターの始め方5ステップ|初心者が遠回りしない手順を紹介で詳しく紹介していますので、そちらを参考にしてください。

    あわせて読みたい
    Webライターの始め方5ステップ|初心者が遠回りしない手順を紹介 未経験だけどWebライターとして稼いでみたい。しかしどうやって始めたらいいか分からないですよね。 私がWebライターを始めたのは2020年3月。そのときは何から始めたら...

    大学生もWebライターの始め方は同じ|早く始めたほうが有利

    Webライターは誰でもできるし、始めるハードルは一緒なのです。

    しかし始めるなら大学生のほうが有利です。それは社会人になると勉強しない人がほとんどで、1日の勉強時間が6分なんて言われているからです。

    もしあなたが大学生で1日1時間勉強できるのなら、それだけで大きな差をつけられます。アルバイトをするよりWebライターのほうが稼げたりするので、アルバイトしようか迷っているならWebライターをおすすめしたいです。

    通勤もないですし、あなたのスケジュールに合わせて仕事できますのでプライベートを充実させられますよ。

    クラウドワークス&ランサーズはWebライター初心者のうちに利用する

    クラウドワークスとランサーズはWebライター初心者のうちに利用しておきましょう。サイト内で実績や評価が見られるようになっているためです。

    • これまで請けた依頼件数
    • 評価

    これらが見られるようになっており、依頼する側はそこも判断基準にしています。そのため実績のない人は高単価の仕事が請けづらい面があり、早いうちに実績を積むのが大切です。

    仮に経験を積んでからクラウドソーシングを利用しても、その実績が見えないため依頼されないことも。もし請けられても、クラウドソーシング上では初心者に見えるため、安い報酬しか提示されない可能性もあります。

    実績が見える化されているメリットを最大限活かすためにも、Webライター初心者のうちにクラウドワークスとランサーズは利用しておきましょう。

    不安ならWebライター講座も活用してみよう

    ここまでお伝えしたことを実践しても不安なら、Webライター講座を受講してみましょう。Webライター講座はたくさんあり、稼ぐための手順を丁寧に教えてくれます。

    • Writing Hacks
    • ゴウ・ライティング
    • Webライティング講座(ヒューマンアカデミー)

    上記のWebライター講座の評判が良いようです。ちなみに私は独学でWebライターになり、スキルアップ目的で「ハブ式」を利用しました。

    根拠あるライティングをしたいなら「ハブ式」がおすすめです。ツールを活用した地味だけど本質的なライティングを教えてくれますよ。

    「Webライターはやめとけ」と言っているのは続かなかった人

    中には「Webライターはやめとけ」と言ってくる人がいますが、気にしないようにしましょう。

    そう言っているのはすぐに辞めた人ばかりだからです。もしくはWebライターだったけど、Webライター以外の職種に変えた人でしょう。

    こうした人たちはWebライターに向いていなかっただけなので、あなたに当てはまるとは限りません。

    もちろんあなたに合わない可能性はありますが、実際にやってみないで判断するのはもったいないのです。ですから周りの声に惑わされず、まずはやってみましょう。

    Webライターは未経験から在宅で稼げる仕事

    Webライターは未経験から在宅で稼げる仕事

    今回はWebライター初心者が月1万円稼ぐまでの方法と、収入を上げるコツを説明しました。Webライター初心者のうちは、選り好みせず「やってみる精神」で経験を積むほうが良いです。

    そのうえで月5記事分の依頼を請けられれば1万円稼げます。1万円稼げれば、月2~5万円稼ぐのは難しくはありません。

    コツを掴み、継続できればトントン拍子で収入が上がりますから、クラウドソーシングに登録だけしておきましょう。それでも不安なら本を読むところから始めてみませんか?

    この記事が役に立ったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる